人相学で学ぶ!人を見抜くための十か条

2014.4.11|運が良くなる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check


人相学で人を見抜くには、どこに着目したらよいかを
十か条にまとめてみました。

hasu6

第一条 表情に現れる知性を見る


その人がどの程度の教養の持ち主なのか、また、判断力、分析力や
価値観などがどの程度なのかを打診してみること。


この知性を見極めると、その人の職業や人間としての
格なども判断つくものです。

第二条 表情の中の情的なものを見る


人間としてのやさしさがあるかどうか、女性観はどうか、
あるいはエゴイストではないかなどを見ることです。

第三条 意志的なものを見ることです


根性があるかないか、頑張りが聞く人物かどうかを判断する。

第四条 知情意の次は美的観念を見ることです


美的感覚というのは、人間や自然をどのようにみるのかという心の働きです。

人生に対してどのような夢を持っているのか、
どんなロマンを抱いているのかということでして、
人生観とも捉えられます。


世俗的な財産とか社会的地位とかから離れて、
人間や自然にどのように対処しているかということです。

第五条 健康状態をチェックする


どこが悪いかを見れば、その人間の生活の乱れや間違った
食生活などの状況が判断できます。

第六条 環境を見る


その人が会社その他のコミュニティでどのような役割を
演じているのか、日の当たる場所にいるのか、逆境にいるのか、
権力の座にいるのか、その割合はどうかなどといったことです。


環境は社会環境と関連して、家庭環境も見なければなりません。

面白いもので会社でおとなしい男性の家庭は、
主婦が強いようです。


とにかく家庭環境と社会環境は相関関係があります。

第七条 金銭関係を見ることです


現在金に困っているかどうか、また将来、財運に恵まれるかどうか、
ということです。


このことは、金や物に対するその人の考え方を見ればわかります。

第八条 過去を見ることです


過去においてその人間は運が強かったか、弱かったか、
またなぜそうであったかを見ることです。

第九条 現在を見ることです


現在の地位や生活がどうなっているかということです。

第十条 未来を見抜くことです


その人が歩むであろう将来を見抜くことです。

今日からあなたの愛情運、金運、仕事運が
一気にアップする。




コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL