FX初心者は大きな利益を狙いすぎないこと

2013.8.22|FXが資産運用・副業で大人気

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

eye009



FX初心者にありがちなミスとして、「大きな利益を狙いすぎる」というものがあります。

これは、FXの世界では決して褒められることではありません。

たしかに、1回の取引あたりで、利益が大きいほど嬉しい気持ちが生まれるのは理解できます。

しかし、為替変動はまさに「神のみぞ知る世界」なのです。

したがって、「もっと待っていれば、もっと大きな利益になるかも…」というのは、あくま

でもあなたの「希望的観測」であり、「根拠に基づいた判断」ではありません。

待っているうちに相場が反転して、結局、利益幅が小さくなってしまう可能性が非常に高いのです。



また少し目を離したスキに、大きく相場が反転し、利益が小さくなるだけでなく、逆に損失に

転じてしまうこともよくある話です。

同じ10万円の利益を上げるなら、1回で10万円を狙うリスキーな取引よりも、「1万円×10回」

のように、細かく利益確定をした方が、スプレッドは多めにかかりますが、確実性という意味

では賢い方法なのです。

さて、5万円の資金で安定して利益を上げるには、やはり「レバレッジ」の存在が欠かせません。

日本語で「てこの原理」と訳せるように、「資金の何倍もの取引規模が可能になる」という

制度なのです。

仮に、5万円の資金で「レバレッジ20倍」を利用したとしましょう。すると、「5万円×20倍=

100万円」もの取引規模が可能になるんです。FXのみならず、投資の世界では、「少ない資金=

リターンが少ない=運用効率が低い」という図式が完成するのです。

しかし、その図式を打ち破ったのがレバレッジであり、これを利用することで、少ない資金でも

運用効率を「グン!」と上げることが出来るのです。

ただし、倍率の分だけ利益も増大しますが、それに比例して損失も増大しますので、その点に

留意して取引することをオススメします。


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL