必見!FXの用語と成功の法則

2013.8.16|FXが資産運用・副業で大人気

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

eco02



FXの用語は、普段の生活には関係の無い言葉が出てきますので、意味をよく理解した上で

FX取引をしなければなりません。

よく使う言葉の意味です。

スプレッドとは、買値と売値の価格差の事。

スワップポイントとは、2ヵ国間の通貨の金利差の事。

IF-DONE(イフダン)注文とは、新規に注文する場合、返済注文もセットで注文する事が

できる注文方法の事。

OCO(オーシーオー)注文とは、2つの注文を同時にする事ができて、1つの注文が約定した

時点でもう1つの注文が自動で取り消される注文方法の事。

指値注文とは、市場価格が指定した値段以下になった時点で買う、またはその逆で、指定した

値段以上になった時点で売るという売買価格の条件を指定する注文方法の事。

逆指値注文とは、市場価格が指定した値段以上になった時点で買う、またはその逆で、指定

した値段以下になった時点で売るという売買価格の条件を指定する注文方法の事。

2Wayプライスとは、売値と買値の価格を注文する時に同時に提示する事。

成行注文とは、現在の相場の値段で注文をする事。

マージンコールとは、口座精算価値が維持率を下回ってしまった場合、必要保証金のレベル

まで回復させる為の保証金の事。(追加保証金ともいう)

ロールオーバーとは、未決済の通貨の持ち高を決済する日を自動的に先送りにする事。

ワーキングオーダーとは、約定されていない指値や逆指値などの注文の事。

ビットとは、価格を提示する側の買値で提示された側はその価格で売る事。

ブルとは、強気相場の事。

ベアとは、弱気相場の事。



FXの成功の法則は、と聞かれれば、単純に負けないトレードをする事と言えます。

どんなに素晴らしい本を読んだり、理論を学んだりしても負けていては意味がないのです。

では、成功の法則として負けにくい方法とはどんな方法なのでしょうか。

まず、取引手数料が無料で、スプレッドが低いFX業者を選ぶ事が近道です。

どんなに有名なFX会社でも、手数料もスプレッドも高いと勝てないものです。

公平なはずの為替レートも、FX会社によっては微妙に違っている事さえあります。

FX会社を変えたとたんに勝ち始めたと言う方も結構多くいるものです。

つまり、成功の法則の1つとして、FX会社選びがある事に気づかなければなりません。

そして、よく失敗談の口コミ等にありますが、FX初心者が陥りやすい失敗に、少ない資金なのに

高いレバレッチを掛けてしまうという事です。

レバレッチは、投資資金に対して調整しなければならないのです。

負けを少なくして、いかに勝ちを大きくするか、忍耐力や精神力も鍛える事も大切です。

色々な書籍や、ネット上でも成功の法則を販売していますが、これをすると絶対に勝つという

法則はありません。

いざという時に慌てない為にも、資金の全てを使ってしまう事のない様にしましょう。

また、同じポジションだけを持つ事も危険行為ですので分割してポジションを持つように心が

けた方が良いでしょう。

常に情報にアンテナを張り、コツコツとトレードする事こそが大切なのです。




コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL