風水としての運気アップの効果を得る良い観葉植物を選ぼう

2013.7.19|金運アップのための風水術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

eco04


せっかく風水に良いと言われて買った観葉植物。失敗なんかしたくないですよね。

風水では枯れるのは悪い気を吸い込んだ証拠だから良いと言われていますが、どうせなら

少しは長生きして欲しいですよね。

そこでどんな観葉植物を選んだら良いのかポイントを抑えてみましょう。



先ずは見た目での判断で、葉っぱの色や艶が良いこと。見た感じで元気な物を選ぶ様にしましょう。

次に枯れている葉っぱが最初から無い物、病気がなく、虫も付いていない物を選ぶ様にしましょう。

丈夫な観葉植物が欲しい場合、つい株が大きい観葉植物を選んでしまいがちですが、大きいからと

言って丈夫と言う訳ではありません。

購入する際に、鉢と株のバランスを見て鉢いっぱいに株が無い物を選ぶ様にしましょう。

鉢いっぱいだと根詰まりを起こしたり、肥料が切れやすくなったりしてしまうので注意してください。



次に観葉植物は基本的には1年中売られているのでいつでも手に入れる事が出来ますが、春~夏が

一番育てやすく、たくさん種類も出回りますので観葉植物を選ぶなら一番良い時期と言えます。

秋口に購入すると直ぐに冬になってしまい、意外と手をかけなくてはいけなくなってしまいます

ので、鑑賞する楽しみはちょっと減ってしまいます。

しかし、時期がずれているからこそ安いと言うメリットもありますので、色々と踏まえて選ぶと

良いでしょう。良い観葉植物を使って風水をやってみると、より効果が高くなると思いますよ。



植物を育てていく上で大切になってくるであろう物はたくさん有りますが、特に水をあげる事だ

と思います。水のあげ方次第で育ち方が変わって来たり、時には枯らしてしまったりする事も

ざらではないでしょうか。

植物の育て方で失敗する原因、これは水のあげすぎである事が多いようです。

植物は適度な水分で良いのですが、水をあげすぎてしまう事で余分な水が鉢の中に溜まって

しまって根腐れを起こしてしまうからなのです。

水をあげる時には植物別はもちろんとして、鉢の素材、季節、湿度、置いている場合も考慮して

あげる必要が大切になります。



ではどんな水のあげ方をしたら良いのかと言うと、基本的には土が渇いたらたっぷりと水を

与えてあげる、そしてまた渇いたら水をあげると言う事です。

このメリハリが大切で常に水がある状態だときちんと根が育たないのです。

逆に水を与えなさ過ぎて乾燥させ過ぎてしまっても同じです。

慣れて来れば鉢を持つだけで乾燥度合いが分かる様になってくると思います。



風水で観葉植物を使う事が多いと思います。観葉植物は飾っておけば運気も上がって良いと

言うものではなく、きちんと育てる事で風水としての運気アップの効果を得る事が出来ます。

大切に育てる事でその植物のパワーを与えてもらえるのです。その為にも水を与えると言う事は

とても大切な事なのです。

更に水をあげるだけじゃなく、埃を落とす事、日光に当てる事もして大切に育ててあげましょう。



コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL