お金持ちになれる手相

2013.7.12|手相で金運アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

eco10


持っていてもじゃまにならないものはなんでしょう?と聞かれたら、どのように答えますか。

10人中10人とは限りませんが、「お金」と答える人は多いことでしょう。いずれにしても、

人間が生きていくかぎりは、食べていかなければなりません。

食べていくには資本主義の現代社会ではお金が必要です。そして、より良い生活をするために、

少しでもお金は稼いで貯えます。貯えたものは当然財となります。

難しい話は別として、お金や財に関心を持たない人は、ほとんどいないでしょう。

手相で金運が得られるかどうかを見るには、いろいろの条件があります。

まず手の出し方から金運を見てみましょう。


手の出し方による見方

五指を全部広げて出す人

五指を全部広げて出す人

このタイプは、心も広く開けっ放しです。こせこせしたことが嫌いで、大雑把です。スケールも大きく、積極的に行動する意欲も盛んですから、金運もあり、大きく掴むチャンスもあります。しかし、大雑把すぎてルーズな面もあり、そのため散じることも大きく、結果的には、金運から遠ざかっていきます。


五本の指をキチンとそろえて出す人

五本の指をキチンとそろえて出す人

案外、神経が細かくて、何事も、几帳面にしなくては気のすまない面があり、消極的です。そのうえ大変注意深く、計画を立ててからでないと行動しません。石橋をたたいて渡るタイプですから、金銭面に対しても慎重です。大きな損失や、無駄使いもしないかわりに、大きな金を動かしたり、チャンスをとらえて、利を得ることも少ないものです。結論的に云えば、活気はないけれど、まあ、平凡という金運になります。


拇指だけを離して他の指をキチンとつけて出す人

拇指だけを離して他の指をキチンとつけて出す人

なかなかのしっかり者です。時節の動きをよく知り、チャンスを捉える機敏性も持っています。金銭面に関しても、海老で鯛をつる要領や賢明さもありますし、つまらないお金は使わないという経済観念もしっかりしています。着実にしかも賢く金運を伸ばし、大きくしていけるものを持っている。


手をすぼめて出す人

手をすぼめて出す人

経済観念がよく発達しています。よく、物を握ったらはなさない人とか、出すものは舌を出すのもイヤ、という話を聞きますが、それほどではないにしても、なかなかガッチリ屋の面があるわけです。とくに、金銭面に関心が強いほうですから、早くいえば、ケチということになります。ケチであるということは、金運に繋がる要素が充分にありますので、このタイプも金運ありと見てよいでしょう。




「お金は天下の回り物」です!天下のしくみ、自然のしくみにならって生活しなければ、なかなかお金は入ってきません・・・!金運の方角から金気が流れ入るようにしましょう!


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL