熱中症の予防と対策の基本は水分補給

2013.7.11|熱中症対策を万全で、安全な夏を

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

netyushou


熱中症の症状を引き起こしてしまうと最悪死んでしまう程、軽く見てはいけない症状です。

その為に常に予防と対策を考えておく事が大切となります。

基本的な熱中症の予防と対策としては体調管理や服装等を考えると言う事です。

その中でも一番基本的な予防と対策は水分補給です。

特に定期的な水分補給と塩分が含まれている水分の補給が必要だと言う事を覚えておきましょう。


人間は通常2リットルもの水分を体内から失っていると言われています。

これは通常時の事になります。

真夏等暑い日は1時間で1リットルもの汗をかく場合もあるみたいです。

これだけ急激に水分が体内から無くなってしまうと脱水症状を起こしてしまう可能性が出てきます。

こうなると喉がカラカラになってしまいます。

こうなってしまうと熱中症を予防すると言う観点では遅いと言う事になります。

だからと言ってビールや冷たいジュースばかり摂取するのも注意して下さい。

冷たい物ばかり飲んでいると胃に負担がかかる事になります。

ですから、有る程度の冷たさの水分をこまめに摂取する様にする事が熱中症の症状を

予防するのに効果的なのです。

そこで、熱中症の予防と対策に何をしたらいいのか挙げてみたいと思います。





暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル



【水分補給】

暑い日に汗をかいたらそのまま放っておいてはいけません。

そのままでいたら脱水症状になってしまって熱中症にもなってしまいます。

汗をかいたらその分水分を補給しましょう。

どちらかと言うと喉が渇く前に補給する様にすると体調がおかしくならなくて良いと思います。

水分補給に適している水分はお水でも良いですが、塩分も一緒に取ると体内への水分吸収が

良くなりますのでスポーツドリンクがお勧めだと言われています。



【体調管理】

体調を崩してしまうと熱中症にもなりやすくなってしまいます。夏は暑くてぐっすり寝る事も

難しい日が多くなってしまいますよね。

その為にエアコンを付けて涼しくしてから寝る様にするとか、上手に利用する事も大切になります。

暑過ぎる日には外に出掛ける時は水分を持っていったり、適度に休憩を取ったりして

注意する様にしましょう。

更に熱中症に一度かかった事が有る人は、またかかりやすくなっているので注意して下さい。



【日よけ対策】

身体の中に熱がこもらない様に洋服を着る時には通気性が良い服を着る様にしましょう。

また黒の洋服だと熱がこもりやすいですので、白系統の服を着る様にして熱を逃がす様に

する事も大切です。

また帽子や日傘も充分に活用して下さい。


高齢者の方は熱中症になりやすいと言われています。

高齢者になってくると代謝が悪くなるのかトイレにいく回数も減ってきますし、水を飲む量も

減ってきますのでこまめに飲む様にしましょう。

更に熱帯夜なんかでは寝ている最中でも熱中症の症状を引き起こす事が有ります。

暑い夜は1杯だけでも寝る前にお水を飲んでから寝る様にすると熱中症予防になります。

取る水分はスポーツドリンクの方が塩分も含まれていますので効果的です。

ただし糖分も含まれていますのでカロリーがちょっと気になると言う場合は、

薄めて飲んでも良いでしょう。



コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL