熱中症の症状を理解してしっかり予防しましょう!

2013.7.9|熱中症対策を万全で、安全な夏を

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

furee4


夏になると良くニュース等で耳にするのが「熱中症」です。

耳にするけど実際にどんな症状かよく分かりませんよね。

これは身体の発汗機能または循環機能が正常に働くなり、体温調節が上手くいかなくなる

事を指しています。

この状態によって身体の不調が色々と引き起こされる事になります。



真夏や梅雨など暑い時には熱中症の症状を引き出すんじゃないかと心配する人も多いかと思います。

確かに梅雨が明けた後はかなり暑いですよね。気温だけでいっても30度を超えている

のは当たり前で、33度~35度なんかになる日も有ります。

このあたりになると熱中症が増加してくると言われているのです。

また、最近の日本は気温の上昇が厳しく、36度を超えている地域も有ります。

気温が36度を超えると言う事は人間の体温を上回ると言う事になります。

そうなると体温調節バランスがおかしくなり、熱中症になってしまう人が増えて最悪死亡して

しまうと言うケースが出てくるそうなのです。





暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル


何故体温調節が上手くいかなくなると様々な症状を引き起こしてしまうのかと言うと、

汗をかくと皮膚から熱を出したり、蒸発したりして上手に体温のコントロールをしています。

通常人間の身体は暑くても寒くても同じ温度が保たれる様に身体自身が調整しているのです。

そのバランスが崩れてしまうと、熱が放出されなくなって身体の中に熱を溜めこんで

しまう事になります。

そうなると体内にある水分バランス、塩分バランスも同時に壊れてしまうのです。

そこで引き起こされる症状としては、頭痛、はきけ、目眩、意識障害、だるさ等と

言った症状が挙げられます。



熱中症は特定の人に起こる物では有りません。

男女問わず、老若男女問わず起こり得る症状なのです。

しかし起こりやすい年代と言うのは有ります。

身体がまだ未発達で体温調節も上手に出来ない幼児等や、体温調節機能が加齢によって

衰えてきてしまう高齢者の方々です。

こう言う人達は熱中症になるリスクが高くなる様です。

熱中症は水分を取っていれば大丈夫と甘く見ていると、深刻な症状になってしまう場合も

ありますのでちょっとおかしいなと思ったら直ぐ病院に行く事が大切となります。



今では暑いのは関東より南の地方だけでは有りません。北海道や東北等でも熱中症になる人

が増えてきているらしいのです。

暑さが当たり前と言われている関東地方より南に住んでいる人達の場合、暑さには慣れている

事も有りますから多少の順応性が有るとは思います。

しかし基本的に涼しい地方に住んでいる方の場合、暑さには慣れていませんので真夏日が急に

訪れてしまうと熱中症の症状を引き起こしてしまう可能性が高くなるのです。



また、熱中症の症状は外が暑いから起こると言う事だけでは有りません。

身体の内側から暑くなってしまった場合も引き起こしてしまう可能性が有るのです。

体温調節バランスがおかしくなってしまっているとき、室内で有っても運動をしたとします。

湿度が有る所の場合、汗をかいても蒸発はしにくいですよね。

そうなると体外に熱が放出されないで体内にこもってしまうのです。

そう言った場合にも熱中症になってしまう可能性が有るという事になります。


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL