手相で金運を見る事が金運アップに繋がる

2013.3.10|手相で金運アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

hasu1

スポンサード リンク




手相を見る機会というのはそうそうないかもしれませんね。
しかし、手相は金運アップをはじめとする運気を占う上でかなり信用できるものです。

手相を見る事で、自分の人生の転機とする事もできます。
そして、金運アップにも影響を与える事が多々あります。

手相には金運を表す相が数項目存在しているからです。
手相で金運を見る事が、金運アップに繋がると言えるでしょう。

金運アップ 手相で金運を司る手相の一つに、「金運の指」というものがあります。

手相において、指はアンテナのようなものと言われているそうです。

水星や木星からのエネルギーを感知し、受信するものという定義です。
そのエネルギーの中に、金運に関連するものがあります。

それは、水星のエネルギーを感知、受信する「水星指」です。
そして、その水星指というのは小指です。

金運アップ 手相では小指が長く太いほど金運があり、商才や交際が上手だと言われています。

長さの目安としては、薬指の第一関節まで伸びているかどうかというところです。
薬指の第一関節より長ければ、一般的には長いと見なされます。

また、小指に関連して『水星丘』というものもあります。
小指の付け根にある膨らみの部分の事を指し、水星から得た金運のエネルギーを貯蓄する部分です。

ここの膨らみが広かったり多めに膨らんでいたりすると、金運アップ効果が強く出ると言われています。

特に、商売など、お金を稼ぐ気運が高いという事になり、仕事運向上にも繋がります。
金運と小指には密接な関係があるのです。



スポンサード リンク




コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL