ホンダジェット「負けられぬ」 ← セスナに納入機数1機差で勝利していたについて

2018.8.13|トレンド&リフレッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ホンダジェット「負けられぬ」 ← セスナに納入機数1機差で勝利していた

ホンダの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」が上昇気流に乗っている。全米航空機製造者協会(GAMA)が発表した2018年上期(1~6月)の納入機数は17機で米セスナの競合機の16機を上回り、小型ビジネスジェットで17年上期、17年通期に続く世界首位となった。6月に受注を始めた日本での出足も好調だ。今後の戦略をホンダの航空機事業子会社、米ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長に聞いた。

続きはこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34038330Q8A810C1000000/

3.

17機で90億円くらい?
いちいちニュースにすることか?

15.

>>3保守やらなにやらで実際にはもっと大きなお金が動くし
受注が増えればラインも増やせるだろう

96.

>>3こういうのが新規ビジネスを潰す人なのだよ(´・ω・`)

とてもハードルの高い仕事を軌道に乗せたのだから、良いところは認めて誉めないと。

4.

トップブランドじゃん

5.

セスナってメーカーの名前なんか

14.

>>5正確にはブランド名
今はテクストロン社に吸収されてるけどセスナのほうが通りがよいから使ってる、

66.

>>5そのパターンはよくあるよね

6.

一方MRJは

7.

>>6一々MRJの名前出して叩いてるバカがいるけど
お前一円も出してないやろ、強烈にアホに見えるよ

75.

>>7年金やら保険やらを通じて
三菱重工業に1円ぐらい、
自分の金がいっててもおかしくはない。

8.

ホンダジェットは自社でエンジン作れるのにアメリカでの認可が11年もかかったので妥協してGE製にした
それでも11年だ、アメリカの壁を超えるのは忍耐、忍耐、忍耐、忍耐だ
MRJも早4年目、奇跡的な速度でテスト完了したがそれでも5年もかかったな

22.

>>8日本なら何年で審査通るの
非関税障壁って奴だよな

40.

>>8最大の市場であり、ここのお墨付きが世界で通用する実態を鑑みるとやむを得ないね。

9.

一位であることはいいことだな

10.

小型機市場ってそんなでかいものでもないんだな
全米で年間数百機ぐらい売れるのかと思ってたわ

26.

>>10昨年の小型機実績ジェットは年産600機、ターボプロップが500機、ピストンエンジン1000機
ジェット乗り入れ禁止してる飛行場が多いからビジネス用にもターボプロップ機の需要は高い

13.

八尾空港

28.

>>13八尾空港では小っさくて降りれないと思う

31.

>>28ギリギリ降りれないのなw

33.

>>31降りられる。
着陸距離914m カタログ

16.

本当にニッチ産業だな

38.

ホンダジェット 一番だと因縁つけられそうだが、アメリカの会社だからセーフか。
ニュース報道で一機6.2億円 2017年には85機生産となっていたが。
これも400機生産語あたりから利益が出るのかな。

43.

>>38250機位からかな、米法人設立前の開発費は本体に吸収させちゃってるから開発費$10億って計上だね

46.

ホンダブランド
翼の上にエンジンが乗る新しい形
テスト飛行も現在のリアル運用も安全が確認されてる

売れるわな



記事引用元
ホンダジェット「負けられぬ」 ← セスナに納入機数1機差で勝利していた



#2chまとめ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。